写真のこと、その他 β

プロフィール https://memosan.hatenablog.com/entry/20110401/p1

写真のこと

博士論文。

『コンポラ写真 : 日本写真史における「日常」、1970年前後を中心に』で論文博士の審査を受け、 先月の末にぶじ学位の授与が決定しました。ありがとうございました。論文提出時の書類でこれまでの経歴を整理し直したので、 リサーチマップを近々更新したいと…

KaoRi「その知識、本当に正しいですか?」#metoo

https://note.mu/kaori_la_danse/n/nb0b7c2a59b65これ以前に他のモデルの方からも告発があり、 それに対する写真家自身のリアクションのないまま 作品の発表が続けられていく状況に疑問を感じていました。 ご本人からの真摯な発言があることを願っています。…

『映像』第一号

『映像試論100』から改題して発行元の変わった『映像』の第一号に 「『見慣れた街の中で』のこと」という短い文章を寄稿しました。発行元はトキ・アートスペースなのですが、通販はしているのかな?? 美術専門の書店などにはあるかもしれません。 近藤耕人…

REPRE22 新刊紹介

表象文化論学会ニューズレターREPREの新刊書コーナーに 『1985』の短い紹介文を寄稿しています。 http://repre.org/repre/vol22/greeting/ どうぞよろしくお願いいたします。

『1985』刊行関連トーク

10/18(土曜)に以下のイベントが開催されます。「 写真を・売る・買う」 石原悦郎 × 石内都 × 渡井康之 × 粟生田弓 15:00〜17:00 (14:30開場) 於 : 本屋B&B(世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F) 1500yen + 1 drink order ご予約先→http://bookandbeer…

鷹野隆大「おれと」について

愛知県美「これからの写真」展に出品されている 鷹野隆大さんの作品に対して、 愛知県警から「わいせつ」との指導が入る騒ぎがおきました。 この指導に反対する署名の募集が始まっています。宛先:愛知県警察 木岡保雅 殿 愛知県美「これからの写真」展、 鷹…

『1985/写真がアートになったとき』

今月末に共著書が刊行になります。 あざやかなピンク色の表紙が目印! どうぞよろしくお願いいたします。『1985/写真がアートになったとき』 http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-7353-6 Amazonではこちら http://www.amazon.co.jp/exec/ob…

『写真画報』3号

写真画報Vol.3作者: 梅佳代,森栄喜,ティム・バーバー出版社/メーカー: 玄光社発売日: 2014/05/29メディア: ムックこの商品を含むブログ (2件) を見る第2特集の「2013-2014 写真家・写真集選抜総選挙」にちらっとだけいます。

「長船恒利 眼の眺め」展

ついに始まります! http://www.menonagame.com/ 会期:平成25年11月12日(火)〜 24日(日) ※11月18日は休廊 会場:OGU MAG 東京都荒川区東尾久4-24-7 Gallery RAVEN 東京都杉並区下高井戸1-20-8 開館時間:13:00 〜 19:00関連トークイベント 【1】「回…

「長船恒利 眼の眺め」展

展覧会ウェブサイトがオープンしました。 http://www.menonagame.com/ 会期:平成25年11月12日(火)〜 24日(日) ※11月18日は休廊 会場:OGU MAG 東京都荒川区東尾久4-24-7 Gallery RAVEN 東京都杉並区下高井戸1-20-8 開館時間:13:00 〜 19:00関連トー…

シンポジウム報告書

企画・運営をお手伝いしたシンポジウム 「つくば写真美術館再考――美術品(アート)としての写真を問い直す」 (2010年1月31日@早稲田大学メディア・シティズンシップ研究所) の報告書が完成しました。 当日はたくさんの方々にお運びいただき、誠にありがと…

「十年目のうたたね」

今週日曜日に開催される「文学フリマ」(http://bunfree.net/) に参加する「300books」という冊子に、 川内倫子さんの『うたたね』について書いた文章を掲載して頂いています。今回の「300books」は一冊まるごと写真特集! 目次は以下のようになっています…

我慢できずに、つい……

やるかやるまいか迷った末に、やってしまった。ガチャポン。 「PENTAX 一眼レフカメラミニチュアコレクション」 http://my.tomy.co.jp/arts/meisai.aspx?n=Y993961 MXのシルバーをゲット! 1976年発売のカメラ。 かわいいのぅ。 写らない使えないカメラ、200…

タケノコがタケノコを……

まわりをぼかして、タケノコだけを 画面のど真ん中でとらえている。 被写体は月並みでも、 直球ストライクの撮り方が月並みではない。 タケノコだ、文句あるか、と言わんばかりの迫力で、 タケノコ自身が仲間を撮っているような、 他人事とは思えない説得力…

ある果実とモダニズム【2】野島康三の場合

1930年代、島村逢紅と並んでもう一人、仏手柑をモチーフにして、 自身の代表作のひとつを制作した写真家がいます。野島康三(のじま やすぞう・1889-1964)です。 テーブルの上に、ふたつの仏手柑と、シンプルな箱を置いて撮られた静物写真、《仏手柑》。 ht…

ある果実とモダニズム【1】島村逢紅の場合

「仏手柑」(ぶっしゅかん)という、読んで字のごとく 「仏の手」のようなかたちの実をつける、柑橘系の植物があります。 私はまだ実物を見たことがありませんが、 バナナくらいの大きさで、とても良い香りがするとか。 (こんな形をしています) 釈迦の故郷…

 「曖昧な写真」のちから : 大友真志の『GRACE ISLANDS』

9月のある日、大友真志の写真展、『GRACE ISLANDS──南大東島、北大東島』を見た。 「grace」とは、「優美な、上品な」という意味。 キリスト教でいう「神の愛、恩寵」の意味もある。 「GRACE ISLANDS=優美な島々」であるからには、 優しく美しく、心休まる…

 広告写真のこと : 篠山紀信の「アド・バルーン」

「広告写真」の項目には書ききれませんでしたが…… http://www.artscape.ne.jp/artwords_beta/%e5%ba%83%e5%91%8a%e5%86%99%e7%9c%9f 1960年代の日本の広告写真については、 写真家たちの間に、広告写真の「パロディ」を 生み出そうとする動きが活発であった…

「インポッシブル」について

現代美術用語辞典2.0の「ポラロイド」という項目でご紹介した*1 「インポッシブル」に関する記事が、 雑誌『Pen』No.299の特集「伝える写真。」に掲載されています。 Pen (ペン) 2011年 10/1号 [雑誌]出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ発売日: 2011…